横浜にあるウィークリーマンションの特徴と傾向

横浜は東京に近く、首都圏のベッドタウンとして、また、仕事の場としても便利な位置にあります。2,3日の短期の滞在なら、ホテルに宿泊しても不都合はありません。1週間以上になると滞在中の宿泊料金が高くなるため、ウィークリーマンションに滞在することで費用を抑えることができます。横浜のウィークリーマンションは、一般的にコンビニや最寄り駅に近く、交通の便が良い場所にあります。駅近物件は豊富にあるので、自分の用のある駅から一番近い物件を選ぶことができます。仕事や研修などにも最適です。帰宅してから仕事や勉強をしなくてはいけない時も、照明が暗めのホテルと違って、作業がはかどります。家具家電が付いている物件が主流なので、自炊したい時などにも冷蔵庫があるのはとても便利です。中、長期の滞在は洗濯機があると、自室で洗濯ができ、洗濯のためにコインランドリーまで行く必要がありません。

毎日の生活にストレスが少ない横浜のウィークリーマンション

横浜は高層ビルなど高い建物が多い地域です。ウィークリーマンションも同様で、エレベーター付きの物件が主流です。オートロックのマンションもほとんどで、セキュリティに配慮しています。そのため、社宅や寮などにも最適です。安全性が高いので、外部から簡単に住人以外の人の出入りができにくくなります。築浅物件も多く、新しい部屋で快適に過ごすことができます。ビジネスホテルより広いため、リラックスでき、精神的にもリフレッシュできます。パソコンが一般家庭に普及した現在では、仕事用にも勉強用にもWI-FIの利用は欠かせません。WI-FI付きの物件も豊富で、オプションで利用することもできます。中には無料でWI-FIを使い放題のキャンペーン中の物件もあるため、事前に良く調べてみましょう。

周辺の環境も充実している横浜のウィークリーマンション

1つの地域で一定期間暮らすためには、マンション内の設備だけでなく、ウィークリーマンション周辺の環境も重要です。急な病気や怪我で困らないように病院に近いウィークリーマンションかどうかも大切です。横浜では物件が多くあるため、健康状態が心配な人は、病院の場所も把握して、なるべく近くのマンションを選ぶようにしましょう。ウィークリーマンションを借りていても、光熱費はかかります。なるべく出費を抑えたい人は、光熱費不要の物件があるので、たくさんある物件の中からじっくり選びましょう。一般的に床面積が狭い物件は安く、借りる期間が長くなれば、1日当たりの料金が安くなります。便利な場所であればあるほど料金は高くなり、駅から少し離れた場所ほど安くなる傾向がありますが、築年数により違いも見られますので、じっくり調べた上で借りるようにしましょう。