ウィークリーマンションなら横浜で借りるべき理由

最近の賃貸住宅市場では、マンスリーやウィークリーのマンションに人気がでてきています。基本的にはマンスリーが月単位で、週単位がウィークリーマンションとなっていますが、明確な定義はなくそれぞれ日単位、年単位でも可能になります。運営会社にもよりますが、保証人不要、敷金、礼金も不要のところがあります。ウィークリーマンションは旅行だけでなくサラリーマンの短期出張にも人気が高く、中でも横浜エリアは人気があります。ホテルとは違い生活必需品があらかじめ用意されているので鍵の受け取りが完了すれば、すぐに生活が始められるようになっています。最近ではインターネットでウィークリーマンションの場所、空き状況がすぐに検索出来るのでとても便利です。自分の望む条件の物件があれば予約も可能です。

分譲マンション内にもウィークリーマンションがある

ウィークリーマンション(マンスリーマンションも同様)は建物1棟全て運営されているのではなく、一般の分譲マンションや賃貸マンションの数室のみウィークリーマンションとして貸し出されている場合もあります。不動産会社の管理物件の空室対策としてウィークリーマンションとして借り出されていたり、分譲マンションを購入した後に自分で住んで管理出来ない人がウィークリーマンションとして貸し出していたりと様々です。分譲マンションは立地条件が良い場所(駅から近い、買い物するに困らない)に建設されている為、ウィークリーマンションとして入居出来ると生活するにあたり、何不自由する事なく過ごす事が出来ます。東京に次いで賃貸マンションの賃料が高いエリアの横浜ですがウィークリーマンションにより、お得に入居する事が可能です。

横浜エリアから首都圏へのアクセスがスムーズです

横浜から東京までの移動手段として電車が便利です。JR東海道線、横須賀線、京浜東北線があります。それぞれ本数も多いので首都圏へのアクセスもスムーズに出来ます。仕事や学校は首都圏でも住まいとして横浜エリアは人気があります。人気エリアの賃貸マンションは需要があるため、どうしても賃料が高めになる傾向があります。賃貸マンションは保証人、敷金、礼金が必要な上、生活に必要な用品は自分で全て揃えないといけない為に初期費用がとてもかさんでしまいます。しかし、ウィークリーマンションやマンスリーにすると初期費用が抑えられるので、自分の希望に近い物件を予算内で見つけられる可能性があります。万が一、不具合が生じてもすぐに他の物件に移動することも可能です。気軽に人気の横浜エリアの住人になれるのです。